小陰唇縮小の手術でスモールにしよう~デリケートゾーンケアを行う~

石鹸

デリケートゾーンの臭い

この際、まんこ臭いが気になる方は、デリケートゾーン専用の商品を使用してみるのも良いかも知れません。デリケートゾーン専用だからと言って直接付けないで必ず、泡を立てて肌に刺激を当てないようにしてあくまでも軽く丁寧に洗い流して下さい。

Read More...

小陰唇を小さくするには

小陰唇縮小の治療を受けるなら、コチラに評判の良いクリニックが紹介されてます。各院の費用やおすすめポイントも載ってますよ。

あまり大っぴらに言う人はいませんが、自分の小陰唇が大きすぎるのではないかという悩みを抱えている女性が、意外なほどたくさんいます。温泉などに行ったとしても、他人の小陰唇までは見ることができません。わざわざ覗き込まない限り見えない位置に小陰唇がありますので、自分の小陰唇だけが特別大きいのではないかと悩んでしまう人が少なくありません。しかし、実際にはごく平均的なサイズであるケースが多いです。でも、先程も述べたような理由で、簡単に他人と比べてみることができませんので、なかなか悩みから解放されることができません。そんな時に重宝することができるのが、美容外科クリニックです。美容外科クリニックの中には、婦人科形成治療を行っているところがあります。そのようなクリニックに行けば、小陰唇の大きさが異常なのか正常なのかを医師の目で確認してもらうことができます。また、本当に大きすぎる場合は、小陰唇縮小手術を受けることができます。

小陰唇縮小手術を受けたい場合は、美容外科を標榜しているクリニックを受診する必要があります。女性のデリケートゾーンの問題ですので、産婦人科や婦人科に行けば小陰唇縮小手術を受けられるのではないかと考える人が多いです。しかし、一般的な産婦人科や婦人科が取り扱っているのは、お産や婦人科疾患だけです。小陰唇が多少大きかったとしても、それは疾患には該当しません。小陰唇縮小手術は、あくまでも小陰唇の見た目をよくするための手術ということになりますので、普通の産婦人科や婦人科では治療を受けることができません。でも、婦人科形成治療を行っている美容外科クリニックであれば、希望通りのサイズの小陰唇にしてもらうことができます。

デリケートゾーンの悩み

デリケートゾーンの黒ずみや臭いの悩みにお勧めなジャムウソープは、抗菌作用や色素沈着を抑える効果がある石鹸です。使用方法も簡単で、普段の身体の荒い方と同じように使用できます。更に泡パックをすると、より効果が得られます。

Read More...

ビキニラインのニオイ対策

デリケートゾーンの臭い、かぶれ等のトラブルはムダ毛の処理を行ったり、石鹸で汚れを取り除くことで解消していくことができます。過度の洗浄は危険な面もありますが、低刺激で肌に優しい石鹸を使用できます。

Read More...